お問い合わせ資料請求仮申込み

お申し込み、お問い合わせはお気軽に! 0993-85-3205

  • 学校案内
  • 新着・キャンペーン
  • コース・料金案内
  • 入校について
  • Q&A
  • アクセス/送迎
Information

学科学習システム

地球にやさしい財布にやさしい安全につながる エコドライブ

ハイブリッド教習車導入しました

教育訓練給付金

Mobile 携帯電話からもアクセス

鹿児島県公安委員会 指定自動車学校

ホーム>学校案内

学校案内

施設紹介

自動二輪車コース

自動二輪車コース01自動二輪車コース02自動二輪車コース03

緑の芝が目に鮮やかな二輪専用のコースです。高校生の原付講習や小学生の自転車教室を開催することもあります。

▲PAGE TOP

四輪車コース

四輪車コース01四輪車コース02四輪車コース03

効果的にレイアウトされたコースにより効率よく教習することが出来ます。高齢者講習(普通車)もこちらのコースを使用します。

▲PAGE TOP

パソコン室

パソコン室01パソコン室02

パソコンで効果テストを受けてもらう場所です。

▲PAGE TOP

模擬運転装置

模擬運転装置01模擬運転装置02

実技の最初の時間はこれを使って練習しますので、安心して練習を開始できます。
高齢者講習でも使用します。

▲PAGE TOP

第6学科教室

第6学科教室01第6学科教室02第6学科教室03

平成19年度新設。学科の教習や、各種講習会で使います。

▲PAGE TOP

運転シミュレーター(二輪)

運転シミュレーター(二輪)01運転シミュレーター(二輪)02運転シミュレーター(二輪)03

ホンダ ライディングシミュレーター
交差点での事故の理解を深めたり、他の交通との関わりにおける危険を的確に予測したりするために教習します。
二輪教習車と同一メーカー製ですので違和感の少ない操作感が特徴です。油圧によりリアルに動きます。

▲PAGE TOP

運転シミュレーター(四輪)

運転シミュレーター(四輪)01運転シミュレーター(二輪)02運転シミュレーター(四輪)01

セガ ドライビングシミュレーター
夜間の特性を理解したり、様々な悪条件下における状況を把握したりするために模擬運転装置で教習します。

▲PAGE TOP

知覧のご紹介


生垣も良く手入れされ清潔感があふれる


門の中には屋敷内が直接見えないように屏風岩がある

  知覧は「薩摩の小京都」といわれ、生け垣と石垣が美しい武家屋敷が今も残っている所です。 他の地域の武家屋敷の石垣は野石乱積みが多いが知覧の石垣はきれいな切石整層積みが中心で石垣の上の見事な生け垣と共に清潔感あふれる風景をつくっています。


門を入ったところに庭がある(佐多美舟邸庭園)

  武家屋敷の門を入るとすぐの所に庭園があるのが普通であったらしく、今も7つの庭園が昔ながらの姿で良く残っており国の名勝に指定されています。

知覧型二ツ家は主屋と付属屋(「おもて」と「なかえ」)をつなげて、そこに小さな棟を付けている家をいい、知覧独特の民家であり現在武家屋敷群の中に2棟移築されています。


知覧型二ツ家(休憩所)


こちらも知覧型二ツ家(旧高城家住宅)


魔除けの石碑「石敢當(いしがんとう)」

武家屋敷群の中間地点の三差路に「石敢當(いしがんとう)」と彫られた石碑があります。これは中国に起源をもつ魔除けのための石碑で、直進してくる魔物を防ぐために三差路の突き当たりに立てられています。


小さな石橋、矢櫃橋(やびつばし)


休憩所もあり、お茶がいただける


「麓公園」と特産品の販売をしている「ふもと横丁」

▲PAGE TOP


特攻銅像「とこしえに」

知覧は江戸時代には薩摩藩の軍事行政上の拠点でした。そして太平洋戦争時代は本土最南端となる知覧飛行場より、陸軍の特攻隊員1035名が飛び立って行き、帰らぬ人となりました。知覧特攻平和会館は人類史上類のない爆装した飛行機もろとも敵艦に体当たりした陸軍特別攻撃隊の遺影、遺品、記録等貴重な資料を収集・保存・展示しています。

知覧特攻平和会館の隣りにあるミュージアム知覧は南薩摩の歴史や民俗などを映像や資料で紹介しています。 特攻平和会館の外にも特攻銅像「とこしえに」や「特攻の母」として知られる鳥濱トメさんの像、映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」で使用された一式戦闘機「隼(はやぶさ)」の実物大模型、出撃まで寝起きしていた三角兵舎、そして、いろいろな歌碑や記念碑、特攻隊員1035柱の御霊のために建立された多くの石燈篭、特攻平和観音などがあります。


特攻隊員を見送った富屋食堂の鳥濱トメさんの像も


映画で使用された一式戦闘機「隼(はやぶさ)」


知覧特攻平和会館の隣りにあるミュージアム知覧

▲PAGE TOP

知覧はお茶の産地で、昔から静岡や宇治と並ぶ銘茶の産地、県道34号線(枕崎知覧線)沿いには多くの茶畑が広がる。


新緑が映える並木道。


豊かな自然に囲まれた風光明媚な街並み。


勇壮な武者絵が描かれたねぷたが夜の知覧を練り歩く。

 全国には小京都といわれるところは53市町あります。これは失われつつある日本の情緒が今なお豊かに息づく町で、歴史を秘めてたたずむ史跡や往時の面影をとどめる町並などが残っている。などのいくつかの条件を満たし、「全国京都会議」の一員になることで 「小京都」の称号がいただけるようです。
九州で小京都といわれているのは、この知覧のほかに福岡県の甘木秋月、佐賀県の小城、伊万里、熊本県の人吉、大分県の日田、杵築、宮崎県の日南飫肥(おび)などです。 また、知覧は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。九州ではここ知覧と長崎の東山手・南山手、有田、美々津、飫肥(おび)、出水、 八女などが国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

お申し込み、お問い合わせはお気軽に! 0993-85-3205

お問い合わせ資料請求仮申込み